更年期障害をしっかりと改善する【ツライ症状を吹っ飛ばす】

医者

食生活の見直しを

先生

更年期障害にはめまい・ほてり・月経異常などの様々な症状があります。この治療にはホルモン補充療法や漢方療法などがありますが、症状が軽い場合はセルフケアでの治療も可能です。まずは自分の食生活を見直し、栄養のバランスのとれた食事を意識的に摂取するようにしてみましょう。

個人差があります

インテリア

最も女性の方に多く見られることには更年期障害があります。これは人により個人差が出てきますが、腰痛、肩こりとたくさんのことが挙げられます。これが起きている理由はホルモンバランスなのです。

更年期の不快な症状を治す

看護師

不快な症状は病院で治せる

ある調査によると、日本女性の平均閉経年齢はおよそ51歳と報告されています。この閉経年齢をはさんで10年間、だいたい40代半ばから50代半ばがいわゆる更年期です。閉経という大きな体の変化を迎えるにあたり、更年期は心身の不調が起こりやすいという特徴があり、この不調を一般に更年期障害と呼んでいます。更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンの分泌が減少することで自律神経の調整がうまくいかなくなり、それが原因となって様々な症状が起こると考えられています。つまり、女性ホルモンの減少を補えば不快な症状を治すことが可能なのです。この治療をホルモン補充療法といい、病院の婦人科や更年期外来、一部の内科などで行われています。ホルモン補充療法は更年期障害を根本から治療できることから、非常に効果的であると高い評価がされています。中でも、更年期障害の代表的な症状である、ほてりやのぼせ、急な発汗等の「ホットフラッシュ」への効果が絶大であるという特徴をもつことが知られています。

治療のメリット

ホルモン補充療法は、更年期障害を訴える欧米女性の約30〜50%が選択していると報告されています。しかし我が国では未だ10%前後であり、欧米に比べてかなり少ないことが指摘されています。ただ、ここ最近は治療が広く知られてきたこともあって実施率が飛躍的に伸びてきており、いずれは欧米と変わらなくなるであろうと予測されています。これだけホルモン補充療法の人気が高まってきたのは、治療することにより生活の質を落とさず過ごすことかできるというメリットが広まったことにあると言われています。また、この治療を受けることで更年期障害だけでなく、同じく女性ホルモンの減少により起こりやすくなるとされる骨粗しょう症の予防が可能になり、さらにアンチエイジング効果も期待できることから、美肌などの美容面でのメリットが高いこともその理由であると考えられています。

治療の仕方

男の人

脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられる病気です。今後高齢化社会が進むようになれば、脊柱管狭窄症の患者が増える可能性があります。また脊柱管狭窄症にはリハビリ療法がありますが、リハビリ療法にも色々な種類がありそれぞれに特徴があります。