更年期障害をしっかりと改善する【ツライ症状を吹っ飛ばす】

医者

個人差があります

インテリア

がまんしないことです

更年期障害の症状には、個人差があり、誰もが同じようになるわけではありません。軽い人もいますし、重い人もいます。すぐに改善する場合もありますし、長期化して長引く人もいます。女性の更年期障害がよく知られていますが、男性にも更年期障害があります。どちらも加齢によるホルモンバランスの変動が原因で、状態が落ち着けば症状が和らぎます。主に状態は女性ホルモンのエストロゲンの減少によって身体への不調が現れます。ホルモンは、神経系や運動器官系、循環器系、呼吸器系など、あらゆる身体の機能に関連して作用しているので、現れる症状も多岐にわたります。さらに、ホルモンが減少するスピードも人によってさまざまで、急激に減少すれば不調も強く現れます。がまんして悪化するケースもあります。

専門の外来があります

更年期障害は、平均して50歳前後で現れることが多く、症状が幅広いことが特徴です。血管に関わる神経系の症状としては、ほてり、動悸、のぼせ、発汗、冷えが挙げられます。運動器官系では、腰痛、肩こり、関節痛、しびれなどがあります。腰痛や肩こりは若い世代でも起こるので、更年期障害とは気づかないケースもあります。対して神経系の症状は、非常につらく、特有の症状なので更年期障害と容易に気づけます。めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、不安、暗く憂鬱な気持ちなどとなっています。めまい、耳鳴り、頭痛が突然発症し、これまでにないほどの激しい痛みや不快感を伴うので、耳鼻科や内科などを受診する人が多いです。ただ、重い場合には、更年期障害を専門とする更年期外来を受診するのが改善への近道です。