更年期障害をしっかりと改善する【ツライ症状を吹っ飛ばす】

医者

食生活の見直しを

先生

人気の漢方療法

更年期障害とは、ホルモンのバランスが乱れることにより、身体的、または精神的に不調をきたす自律神経症の一種です。更年期障害は発症するほとんどの方が女性です。女性の更年期障害の場合、めまい・ほてり・頭痛・疲労感・倦怠感・月経異常・関節痛・動悸・息切れなど様々な症状があります。これらの症状の治療にはいくつかの方法があります。まず、ホルモン補充療法というもので、体内に不足している女性ホルモンの「エストロゲン」を飲み薬や貼り薬で補充する療法です。服用後約1週間で効果が現れ、1か月継続すると症状の軽減を感じられるようになりますが、むくみや腹部の張りなどの副作用が出る場合もあります。もう一つの治療法は漢方による治療です。「当帰芍薬散」・「加味逍遥散」・「桂枝茯苓丸」などが用いられ、ホルモン補充療法と比較して副作用のでる可能性が非常に低く、人気を集めています。

バランスの取れた食事を

女性の更年期障害の場合、ほとんどの方が年齢のせいと判断してしまいがちですが、実は他の病気の症状である可能性もあります。例えば、月経不全の場合は子宮筋腫や子宮がんで同じ症状を発症する可能性があり、頭痛の場合はくも膜下出血の可能性もあります。体に異常を感じ、それが長く続く場合は、自分で判断せずに病院を受診した方が良いでしょう。更年期障害の治療は自宅にいながらできるものもあります。まず行うべきなのは食生活の見直しです。ビタミンやミネラルなどバランスの取れた食事を心掛けて栄養を十分に摂取するようにしましょう。ミネラルの中でも亜鉛はホルモンバランスを整える働きをもつ栄養素です。牡蠣、チーズ、レバー、大豆製品、ゴマなどに含まれているため、意識的に摂取するようにしましょう。また、最近ではサプリメントでも亜鉛を摂取することが可能です。