更年期障害をしっかりと改善する【ツライ症状を吹っ飛ばす】

医者

治療の仕方

男の人

解決していくには

脊柱管狭窄症とは背骨にある脊柱管が狭くなることで、その中を通る神経や血液を圧迫されることを言います。主な症状には、腰痛や下肢のしびれ或いは間欠性跛行がなどがあります。脊柱管が狭くなる原因の一つには加齢があります。そのため脊柱管狭窄症の患者には高齢者が多いと言われています。脊柱管狭窄症の治療には色々ありますが、リハビリも一つの選択肢となるでしょう。現在日本では高齢化社会が進んでいると言われているので、脊柱管狭窄症の症状に悩まされている人々に対してのリハビリ施設や体制が整ってきています。

高齢者などが悩む疾患の一つに脊柱管狭窄症があります。腰痛や足のしびれなどを訴えて、歩行が困難になることもある疾患です。治療にはいろいろな方法がありますが、リハビリをする方法もあります。リハビリと言ってもいろいろな方法があり、その人によって合う・合わないということがあります。またリハビリには、運動療法や物理療法や装具療法などがありそれぞれに特徴があります。運動療法には、マッサージ体操などがあります。また物理療法には、電気療法や牽引療法、温熱療法や光線療法などがあり、外から物理的な刺激を与えるという特徴があります。更に装具療法には、コルセットで腰椎を安定させて痛みを軽減させるという特徴があります。病院によってはやっていないリハビリもありますし、人によって受けるべき治療も異なってきます。リハビリを行なっていくときには医師と相談して行うと良いでしょう。